ブログ

世田谷美術館「花森安治の仕事」展

世田谷美術館「花森安治の仕事」展

2017.02.17

春一番が吹きましたね、いかがお過ごしですか?
とはいえ、明日からはまたいつも通りの寒さに戻るそうなので、体調管理お気をつけくださいませ。
 
先週から始まりました世田谷美術館「花森安治の仕事-デザインする手、編集長の眼」展がとても素敵だったのでご紹介します。平日の夕方という時間にも関わらず、老若男女問わず来られていました。
 
ジャーナリズムと芸術性を兼ね備えた「ライフスタイル誌」の元祖を作りあげた編集長・花森安治。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でもモデルとなった「暮らしの手帖」の創刊者ですね。
終戦間もない日本、衣食住に苦しい時代だからこそ「知恵と工夫で暮らしを豊かにしよう」と人々に提案し続けた強い思い。その編集者人生30年間を第6章に渡って構成した展示となっています。
 
雑誌編集者をしていた自分としては、とにかく余すところなくゆっくり見たい!と思い、一人身軽で行ってまいりました。
やさしく語りかける独特の文体や、今にもハッとさせられる美しい写真、デザイン、挿絵…とにかく見応えたっぷりなのです。今でこそmac一台で何でもできてしまう時代ですが、丁寧に一文字ひと文字、切り貼りされた新聞広告のキャッチコピーを見るだけでも感動ものでした。
 
そしてこだわり続けた「商品テスト」の様子も一部映像で見れ(個人的にはベビーカーテストの様子がとても感動的、写真の構図も素晴らしく素敵)、広告収入で成り立っている現在の出版業界では難しいだろうな…でも本当に知りたいことはこういうことなんだろうな…と色々考えながら見入ってしまいました。
 
最後の「戦争中の暮らしの記録」の章では本当に考えさせられるものがあり「この一冊をどんなにボロボロになっても残しておいてほしい」どのページをめくっても言葉のもつ重みを感じざるを得ない一冊でした。(今でも購入可)
 
明日18日14:00~は花森さんの元で編集者として働いていらっしゃった方の講演会も開かれるそうで、より一層人となりに触れられるチャンスかもしれませんね。詳しくは公式HPを。
 
週末のご予定がまだの方はぜひ、砧公園とセットでお出かけください。では良い週末を!(ライターI)

ご予約・お問い合わせ

「ご相談者様の明日の幸せのために」
「人生に寄り添った仕事がしたい」
そんな熱い思いを胸に全力を尽くして取り組んでおりますので、
まずはお気軽にご相談くださいませ。