ブログ

水谷が東京家庭裁判所の調停官に就任しました。

水谷が東京家庭裁判所の調停官に就任しました。

2020.11.15

当事務所の水谷江利弁護士が、10月より東京家庭裁判所の調停官に就任しました。
 
調停官というのは、調停委員とは異なり、民事・家事の調停事件について、裁判官と同等の権限で調停手続を取り扱う非常勤職員のことで、5年以上の経験を持つ弁護士の中から任命されるものです。これから週1日、裁判所に勤務することになります。
 
民事調停において、調停主任として調停委員と協力しながら「当事者の互譲により、条理にかない実情に即した解決を図ること(民事調停法第1条)」を目指してまいります。
弁護士業は今までと同様に継続し、さらにより良いリーガルサービスを提供してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

以下、水谷よりご挨拶です。
  
10月から弁護士の傍ら週一回、家庭裁判所で調停官をすることになりました。
もちろん弁護士業は今まで以上に気を引き締めていく所存です。
社会に出てもうすぐ二十年近くなり、弁護士も十年目になりました。
私の場合、生活環境的に留学などでのスキルアップは図れないけれど、実務に勝る勉強はありません。
  
四十の手習い、頑張ります。

ご予約・お問い合わせ

「ご相談者様の明日の幸せのために」
「人生に寄り添った仕事がしたい」
そんな熱い思いを胸に全力を尽くして取り組んでおりますので、
まずはお気軽にご相談くださいませ。