ブログ

【離婚への道】第18回 離婚についてここが知りたい! 私って親権とれますか?

【離婚への道】第18回 離婚についてここが知りたい! 私って親権とれますか?

2019.03.26

未成年の子がいる離婚は、親権をめぐってシビアな争いとなることが。
改めて、「親権」のこと、考えてみます。

「親権」とは

日本では、夫婦のどちらか一方を「親権」者と定めなければ離婚できないことになっています。
 
「親権」とは、未成年の子供を保護・養育し、子どもに財産があれば代わって管理する親の権利・義務です。
以下の2つの役割からなっていると言われています。
 
①身上監護権…子どもの身の回りの世話をしたり、しつけや教育をする権利・義務。
②財産管理権…子どもが自分名義の財産を持っている時、法律行為をする必要があるときに代理して管理したり契約を締結する権利・義務。
 
子どもの進学先を最終的に判断する、アルバイトの可否を判断する、これは①。
子どもが携帯電話を契約する際に保護者の印鑑を求められますが、これは②の話になります。

監護権との違いは?

本来、「親権」の中に、子供を監護する①の権利が入っています。
ところが、事案によっては、「親権」と「監護権」を、分けて考えることがあります。
もちろん、親権と監護権とは一致させておくことが原則。

なお、離婚の際に定めなければならないのは「親権者」で、離婚届にも記載するのは親権者のみです。
監護者を別に分けたい場合には、調停や、公正証書で、別に定めることが必要です。

親権者はどうやってきまる?母親が有利?

親権者をどちらにするかは、まずは話し合いで決めます。
それでも決まらなかった場合、この場合は「子どもの利益・福祉」を基準に、裁判所で決定されることになります。
このとき、親の意欲や能力、心身状態、愛情、生活態度や住環境、監護補助者の有無などから総合的に判断されるものとされます。

「母親が有利」だと思われがちで、母親が親権者となることが多いですが、
かつてほど「母性優先」だけでは説明がつかなくなってきました。
乳幼児の場合は、面倒を見ることが必要なので「母親優先」が妥当します。

経済力があるから父になるはず、経済力がないから母では認められないかもしれない・・といったご相談は多いですが、
身体的に疾患があって親権を維持することができない、というような場合でない限り、この点はあまり問題になりにくいです。

むしろ、重視されるのは、現在の子どもの環境が著しく変わらないようにする、という「現状維持の原則」です。
普段の子供の「主たる監護」をどちらがしているか、が大きな基準となります。
日中は母が面倒をみているケースが多いので、10歳ぐらいまでは母が指定される傾向が強いのは、このためです。

離婚後の親権

離婚して親権者になった親が死亡した場合、子供はどうなるのか?
離婚する場合、両親のどちらが一方が親権者となりますが、その親権者が死亡した場合、子供はどうなるのでしょうか?

親権者が死亡した場合、親権者がいなくなったものとして、「未成年後見人」が選任されることとなります(民法838条)。
もう一方の親の親権が当然に復活するわけではありません。

もう一方の親が親権を復活させることを希望する場合には、もう一方の親が「親権者の変更」(民法819条6号)の申立を行い、裁判所が親権者を変更するのが適切と認めた場合には、もう一方の親が新たに親権者となります。

これを防ぎたい、という場合には、親権者は、あらかじめ遺言を作成する必要があります。
民法839条1項は「未成年者に対して最後の親権を行うものは、遺言で、未成年後見人を指定することができる」としています。
ですから、親権者が自分が亡くなった後、他方の親権を希望しないとき、あるいはほかに子ども(あるいはその財産)を託したいと思う方がいるときは、遺言を書いておく必要があります。

共同親権への期待は・・・

アメリカなどでは離婚後も両親双方に親権が残る「共同親権」の制度があることから、
日本でもこの発想を取り入れようという動きがあります。
とはいえ、現状の家事事件の実務では、まだまだ、一方が子どもを引き取り親権者となることが原則。他方の子供との関係は「面会交流」によって担保するものとしています。
このような制度の是非はさておき、まずは、現状の日本の法制度下で離婚後の子供との関係を考えざるを得ませんから、
枠組みを理解し、きちんと考えて臨んでいただきたいと思います。

ご予約・お問い合わせ

「ご相談者様の明日の幸せのために」
「人生に寄り添った仕事がしたい」
そんな熱い思いを胸に全力を尽くして取り組んでおりますので、
まずはお気軽にご相談くださいませ。