ブログ

【離婚への道】第7回 離婚を切り出したい人へ

【離婚への道】第7回 離婚を切り出したい人へ

2018.08.27

前回記事では、離婚を突き付けられた方についてお話ししました。今回は逆の方へ、離婚の切り出し方、お伝えします。

離婚を切り出す方法

⑴冷静に、家庭内で切り出す。
⑵先に家を出てしまい(別居)、別居後に離婚の意思を封書で伝える。

話し合いが可能な間柄なら⑴、感情的になりすぎ話ができない場合は⑵が取られることが多いです。
一方が「離婚だ」と常日頃から騒いでいる場合でも、いざ、相手方が「離婚しましょう」と言うと、
「あれは本気で言ったのではない」とか「悪いのはお前だ」となってしまい、なかなか話し合いがつかないこともあります。

なお、一般論としては、年老いた両親や、あるいは別の家庭を持っている兄弟姉妹や友人などを仲介役にすることは
あまりお勧めできません。思わぬ迷惑、心配をかけることもありますし、味方してくれると思った人が実は相手方の味方になってしまったりと、こじれることもしばしば。

あくまで二人の婚姻関係ですから、二人でカタをつける姿勢を持ってほしいと思います。
お伝えしてきたように、離婚は合意ができれば早期に成立するものです。
ですから、早期にお話し合いでの解決を望むのであれば、たとえ相手がどんなに悪くても(悪いと思っても)、相手の落ち度を糾弾するのは考えもの。「あなたが悪い」のではなく、「私はもう難しい」という話し方のほうが、理解してもらいやすいことがあります。

離婚の話が出やすいのはどんなとき?

●子どもが進学する時
子どもが中学、高校、大学に進学するタイミングは、やはりひとつの区切りになるようです。
「途中で名前を変えたくないので、入学までに離婚を成立させたい」という理由もありますが、
進学をひとつの節目として、子どもももう理解できる年齢だから、と考える方もおられるようです。
離婚を切り出したい方は、受験真っ只中などのときは、逆に慎重に。「子どものことを考えていない」となってしまいます。

●夫の退職時
熟年離婚は本当に増えています。
妻からすれば退職金によって相当額の財産分与が見込まれることも一つの原因にはなるでしょう。
離婚を切り出したい妻にとっては、たくさんのまとまったお金が入るときでもありますが、長年ずっと同居しているとなると、裁判で離婚を成立させるのは容易ではありませんので、ご主人の理解を得られるよう配慮が必要です。

●結婚して間もないカップル
一方で、結婚して間もなく、その生活の難しさに気づき離婚を希望される方もおられます。

 

ご予約・お問い合わせ

「ご相談者様の明日の幸せのために」
「人生に寄り添った仕事がしたい」
そんな熱い思いを胸に全力を尽くして取り組んでおりますので、
まずはお気軽にご相談くださいませ。