田園都市線、用賀駅すぐにある弁護士・司法書士事務所。世田谷区や横浜で弁護士をお探しの方、相続、離婚、不動産でお悩みの方はぜひご相談を。


第4回●外に子どもを作ってしまった夫と別れるべきか

法で解決できること=人生においてハッピーエンドか、必ずしもそう言い切れないのが世の常です。権利を獲得し、お金で解決することができたとしても、それが結果、良かったかどうか…は、渦中にいると見えにくいもの。ここでは弁護士水谷がご相談を受けている際、よくクライアント様から受ける相談の法律外のお話をお伝えします。多くの人生に寄り添って来た彼女だからこそ言える、芯の部分が垣間見えると思います。

■相談内容
主人が以前、別の女性と過ちを犯してしまったことがありました。本人も深く反省し関係は断ち切ったそうなので、離婚には至らず。私との関係も戻ってます。しかし、その時の人との間に子どもができたと連絡があり、主人も「せっかくの命だから、産んで欲しい」と、その人との子を認知したいと言われました。主人のことは愛していますが、もう私には理解できません。どうしたら良いでしょうか。

■水谷の考え
ご主人は両方を傷つけたくなくて、両方を傷つけてしまう、しかも本人はその認識がなくて、一番困るタイプだと思います。結局のところ、自分が一番傷つきたくないのです。

ひと昔前は、家庭の外に子どもがいる男性はいくらでもいました。
でもこれは大前提に、お金と覚悟があって成立する話。「正妻を一番大事にしている」という潔さが大事で、外の家庭にはしっかりとお金だけは出し、正妻の家族を大切にしてくればそれで良いのですから。

しかし、今回のようにウェットな感じだと、難しいと思います。実際に両方養えるだけのお金がないと、ただ単に振り回されるだけ。気持ちの面でもスッパリ切れなくて「病気だからどうの」「子どもが会いたがっているから」「進学にお金が必要で」何かにつけて、ご主人は振り回されてしまうでしょう。その都度、あなたは一人、悶々とするでしょう。「今、会いに行ってるな」「家計からいくら出て行るな」と。

そうなるのであれば、あなたからご主人見切りをつけて、次の人生に歩み出した方が私は良いと思います。法律の構造的にはご主人からの離婚請求はできません。あなたに決定権があるのです。あなたが、これからの人生、悶々とした気持ちを抱えたまま過ごすのか、自分で新たに切り開いていくのか。権利を行使するかどうかあなた次第です。

Photo by marius sebastian on Unsplash