田園都市線、用賀駅すぐにある弁護士・司法書士事務所。世田谷区や横浜で弁護士をお探しの方、相続、離婚、不動産でお悩みの方はぜひお気軽にご相談を。

新シリーズ・男と女の相談室
法律には書かれない”実際のところ”
第一回●養育費を取るために仕事をセーブする?



Photo by Christin Hume on Unsplash

法律で解決できること=人生においてハッピーエンドか、
必ずしもそう言い切れないのが世の常です。権利を獲得し、お金で解決することができたとしても、それが結果、長い目で見たときに良かったかどうか…。渦中にいると見えにくいもの。ここでは弁護士水谷がご相談を受けている際、よくクライアント様から受ける法律相談の中から「法律外」のお話をお伝えします。多くの人生に寄り添って来た彼女だからこそ言える、芯の部分が垣間見えると思います。

■相談内容
養育費や婚姻費用を少しでも高くもらうために、働くことをしばらく抑えようかと思うのですが、どう思いますか?(お子さん連れで離婚,別居する女性からの相談を前提としています)

■水谷の考え

養育費や婚姻費用は今現在の互いの収入で決まり、受け取る方の収入が高ければそれだけ受け取るお金は少なくなってしまいますから、短期的なことなら、収入調整をしてもいいとは思います。
でも、やりたい仕事やいい仕事が見つかりそうで、受け取る養育費のためにせっかく手に入る仕事を手離すか?あるいは、養育費ありきで働かないことを決め込むか?
その答えは「NO」だと思います。

それは、仕事をセーブして得られる養育費の「差額」<自分が稼ぐことができる金額になるから。自分の収入を抑えて受け取れる金額上昇分より、自分で稼げる金額の方が確実に多いはず。仕事のチャンスが目の前にあるなら、離さない方がいいと私は思います。


離婚するということは、当然、これまでと同じ生活が保証されるものではありません。これまでと同じ水準の生活を見込んで離婚することができる方はほとんどいない。これまでと同じ環境を旦那さんから提供してもらえることを前提として、離婚後の生活を組み立てると、そうはいかないことがほとんどです。

裁判所の養育費の金額が低すぎるんじゃないか?という議論はありますから、その点は問題だと思います。
しかし、現状はやはりこれまでの養育費や婚姻費用の算定表がまかり通っていて、新しい基準で議論をすることが難しい。このような現状では、やはり最後に頼れるのは自分なんだ!と、決心してもらう必要があったりします。

ご相談に来られる方の中には「自分で全部抱え込まなくちゃ」と気負っている方、または「これまでと同じ生活をさせてもらいたい」って少し覚悟不足な方も両方います。
前者の方には「別れてもパパなんだから頼れるものは頼ろうね」と言いますし、後者の方には「別れる以上はこれまでと同じでではないですよ」とアドバイスします。

悲しい現実ですが、現在の養育費の算定表で決まる金額では(ご主人の年収が相当高い金額の場合を除いては)どのみち、その金額だけで暮らすことはできません。(詳しくはこちらの記事を参照)離婚して子どもと暮らしていくためには、支出(住居費など)を減らすのか、収入を増やすか。あるいはその両方が必要になります。

とはいえ、実家に帰ることができる方ばかりでもありません。そうなると、自分にできることは収入を増やすだけなのです。そうしないと自分も子どもも生活できません。それなのに「養育費のために仕事をセーブする」と言うのは本末転倒だと思いませんか? お子さんが小さいとか、特殊な事情があるとかでセーブせざるを得ない時期はあると思いますが、仕事のチャンスがあるのならうまく調整しつつ、新しい人生のために、乗らない手はないと思いますよ!