田園都市線、用賀駅すぐにある弁護士・司法書士事務所。世田谷区や横浜で弁護士をお探しの方、相続、離婚、不動産でお悩みの方はぜひご相談を。

弁護士水谷【離婚への道】
第14回「相手が同意していない場合~婚姻を継続し難い重大な事由~」」


Photo by Zoriana Stakhniv on Unsplash
離婚に対して相手が同意していない場合の最後の解説です。民法770条第1項が規定している5つの離婚原因があれば、相手が離婚に応じなくても離婚できます。今日は5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」についてQ&A方式で解説したいと思います。

「婚姻を継続し難い重大な事由とは?」
非常に幅広い解釈ができ、離婚原因に多い「性格の不一致」もこの中に含まれています。具体的にどんな事情があれば良いのか、これは非常に難しい問題であり、裁判官の判断によるほかありません。裁判官はどんな事情を考慮して判断しているかというと、婚姻中における両当事者の行為や態度、婚姻継続の意思の有無、子の有無、子の状態、双方の年齢や健康状態、性格職業、資産収入など、婚姻関係にあらわれた一切の事情を考慮して定められているとされています。

Q.性格の不一致は離婚原因になるの?
A.離婚原因の主張として最も多いものと言えますが、この性格の不一致だけでは「婚姻を継続し難い重大な事由がある」とは言えません。各項目に共通して言えるのは周辺の事情を見て、離婚を認めるかどうかが判断されます。性格の不一致から派生した亀裂が深刻化し、お互いに愛情が喪失したばかりか、激しい口論なども日常茶飯事となり、到底夫婦関係が修復される見込みがないことを、様々な事情をあげて、証拠も添えて主張・立証することが必要でしょう。また、ほかの離婚原因(長年の別居など)と合わせて主張するなどの工夫も必要でしょう。

Q.他にも重大な事由となり得る具体例は?
A.可能性がある具体的な事案は以下の通りです。
・日常的に度重なる暴力や虐待、侮辱
・過度な飲酒、賭博を重ね、勤労意欲にかける
・同性愛や性交不能であることを秘密にして結婚した
・相手の嫌がる特異な性交渉を強要
・親族との不仲が原因で夫婦関係に亀裂が入った場合
・家庭を顧みないなど、過度な宗教活動
・犯罪行為による服役
・浪費、金銭問題
・セックスレス

単体で判断されるのではなく、様々な事情を考慮して判断されることになります。例えば、浪費については、夫婦間でなんども話し合いがされたにも関わらず、浪費が続いたような事情が必要とされますし、セックスレスも法律上の離婚原因となることはありませんが、様々な事情を考慮して判断されます。

しかし、お互いの努力や妥協などによって改善されると判断されれば、離婚は認められませんので、何が何でも離婚したい場合には、破綻している夫婦関係と、改善不可能であるという立証が必要となります。

Q.別居は婚姻を継続し難い重要な事由になる?
A.単身赴任など、正当な理由なく数年にわたって別居しているとなると、夫婦関係は円満でないと推測されます。有責配偶者からの離婚請求でなければ、五年程の別居であれば、夫婦関係の修復の見込みはないと判断され、「婚姻を継続し難い重要な事由」に当たるとされるでしょう。

Q.有責配偶者からの離婚請求の場合は?
A.離婚は認められる余地があるというものの、相当厳しい条件が要求される場合があります。(10年間の別居であっても否定された例もあり)逆に、有責配偶者が離婚請求される場合には、比較的短い別居でも離婚が認められる傾向があります。しかし離婚が任用されるために別居期間に決まりはありません。

Q.明確な離婚事由がない場合は?
A.「性格の不一致」など明確な原因がない場合は、相当期間の別居も理由として「離婚を継続し難い重大な事由」が存在するとして、離婚の請求をすると認容される可能性は高くなります。

Q.悪意の遺棄と言われないようにするには?
A.相当期間の別居が「離婚を継続し難い重大な事由」の判断に有益だとしても相当な理由なく別居する場合には、「悪意の遺棄」とされる可能性もありますので、その点についての注意は必要です。具体的には、相手方の暴力・暴言、ギクシャクしてしまった夫婦関係から距離をおき、冷静に今後のことを考えてみたい、などといった正当な理由を明示し、さらに婚姻費用を払う側であれば、算定表に基づく金額の支払いを継続するなどの措置を講じておくことが望ましいでしょう。

当事務所では初回の相談料を頂いておりません。まずはお電話かメールでお気軽にお問い合わせください。
次回は国際離婚についての解説をお届けします。