田園都市線、用賀駅すぐにある弁護士・司法書士事務所。世田谷区や横浜で弁護士をお探しの方、相続、離婚、不動産でお悩みの方はぜひご相談を。

おはようございます。今日は法律ショートストーリーの解説編となります。
当事務所の水谷弁護士自ら「不貞慰謝料請求」についての自らの見解を語ってもらいましょう。


Photo by Michael Fenton on Unsplash

当事務所でもご離婚のご相談に次いで多いのが「不貞」、つまり不倫に関するご相談です。
今回の主人公・綾の事案でもそうでしたが、弁護士のところにご主人(奥様)の不倫についてご相談にいらして頂いても、私たち弁護士が不倫をやめさせることはできません。できるのは不倫により夫婦関係が壊れてしまって、心が傷ついたことに対する「損害賠償」、すなわち「慰謝料」の請求です。

裁判では不貞慰謝料自体の相場は、不倫があって離婚に至ったとしても300万円程度。
芸能人の離婚などで「慰謝料数千万円!」という報道の多くの場合は、慰謝料ではなく財産分与などであることが多いようです。
「不倫のために夫婦関係が壊れてしまった」ことが必要になるので「不倫はあったけど日常茶飯事なので、夫婦関係は実は問題はない」とか「そもそも夫婦関係が破綻していて、不倫があっても今更傷つくわけでもない」といった場合には、心の痛みも大きくないということになり賠償金額も小さくなります。また、離婚に至らない場合は、裁判になっても100~150万円程度でおさまることが多いようです。
「これだけ傷ついてぐちゃぐちゃになってもたかだか100~300万円?! 」と憤慨される方も少なくありません。

本来夫婦には「貞操(ていそう)」の義務=「お互いにお互いの操をささげましょう」ということで、ほかの男女と関係を持ってはいけない義務があり、これを破るから「不貞」というのです。

でもこの「貞操」の義務を破って不倫をしたとしても「不倫をやめなさい」ということを裁判所が命令してくれるわけではなく、単に不倫によって傷ついた分についてお金の支払い命令をしてくれるだけなのです。不貞慰謝料請求では不倫をやめさせることや、夫婦関係を元通りにし旦那様(奥様)に家に帰ってきてもらうことを強制することはできないのです。

ということが大前提にあるので、不倫のご相談の場合には、当方では必ず
「不貞慰謝料を請求したことでかえって、ご主人(奥様)の気持ちが離れて家庭の崩壊が決定的になることもあるのです。請求しても『うちは安泰、大丈夫!』という場合か、どのみちもう崩壊してしまったから『失うものはない、せめてお金ででも取り返したい』、という場合のいずれかでなければ、やらないほうがいいと思います」
というお話を必ずするようにしています。

『不倫は文化だ』と言った方がいたかと思いますが、社会的な変化もあり、不倫のご相談は増え続けているように思います。不貞の慰謝料請求をパッケージ的に宣伝する法律事務所も珍しくなくなりました。
ですが、法律問題を解決する中で一番大切なのは、動き出す前よりも必ずその方が幸せになること。マイナスがプラスにはならなくてもゼロの地点まで戻ることです。お金を獲得してもその方がご依頼前より幸せになっていなくてはなりません。

当事務所ではそういったメンタルケアを怠らず、一方でひとたびご依頼いただいたら交渉や裁判では強気に、事件をすすめています。ぜひお気軽にご相談ください。


Photo by Antonio Lainez on Unsplash

いかがでしたでしょうか?
ただ「慰謝料を取ればいい」「裁判に勝てればいい」というだけが弁護士の仕事だとは考えておりません。必ず「依頼主が幸せになる方法は何か」がベースにあり、それに向かって法的なサポートをする。そんな彼女の信念が垣間見えるエピソードでした。
また来週からは新シリーズが始まります。そちらもご期待ください!