田園都市線、用賀駅すぐにある弁護士・司法書士事務所。世田谷区や横浜で弁護士をお探しの方、相続、離婚、不動産でお悩みの方はぜひご相談を。

こんにちは!すっかり年末ムードいっぱいですね!みなさんいかがお過ごしですか?
イベント毎で忙しい年末年始ですが、今年一年の自分を振り返り、来年は心新たに。何かを決意できるタイミングでもあります。そこで今日は水谷弁護士オススメの一冊をご紹介したいと思います。この本はいつも事務所入ったすぐのテーブルの上に置いてあり、水谷の愛読書の一つ。フェイスブックのCOOシェリル・サンドバーグ[ LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲] です。



2013年に発売されて以来、全世界で150万部を突破そたベストセラーなのでご存知の方も多いと思います。
タイトルのLEAN INとは「一歩を踏み出そう」、女性だけでなく男性にも勇気を与えてくれる一冊とのこと。フェイスブックのCOOって聞くと「ハイスペック凄母の話でしょ」と敬遠してしまいがちですが、中身を読むと印象が一変。ハーバード卒だろうとなんだろうと、働く母の抱く葛藤って同じなんだなぁと。

水谷曰く「いろいろな気づきがありましたが、もっと自分に正直に。本音で話していいんだなって」
本音のコミュニケーションについて語られている章があります。「真実を言う勇気を持つことはそう簡単ではない」
職場や家庭で良い関係を気づくには本音を言い合う関係が必要だが、多くの人が自分を守るためだったり、他人を傷つけないために敬遠しがち。これらが問題を引き起こし、長引かせているのだと言います。ただ、本音を話す時には適切に言葉を選んで真実を伝えることが大切だと。細やかに気を配りながらも正直である、こう言うコミュニケーションは最も実りが多いものとなるのだそう。

こういった会社での交渉術やメンターの見つけ方、キャリア設計の仕方、発想の転換…などどんな立場の人にも実践可能なノウハウが一冊込められているのです。自分の目標に向かって一歩踏み出している女性たちだけでなく、平等な世界を築きたいと願う男性たちにも強いメッセージが込められているので、年末年始に読んで心機一転。新たな一歩を踏み出す勇気をくれる一冊となるでしょう。

もうとっくに読んでいるわ!と言う方はぜひこちらも。この LEAN IN から4年、今年の夏に発売されたシェリル・サンドバーグの最新著 [OPTION B 逆境、レジリエンス、そして喜び] 。「オプションB」とは、「次善の選択肢」のこと。だれであれ、「バラ色」だけの人生はあり得ない。「最良の選択肢(オプションA)」ではなく、オプションBを選ばざるを得なくなったとき、その逆境からどう回復すればよいのか。
こちらもぜひ、合わせて読んでみたいですね!