田園都市線、用賀駅すぐにある弁護士・司法書士事務所。世田谷区や横浜で弁護士をお探しの方、相続、離婚、不動産でお悩みの方はぜひご相談を。

法律ショートストーリー・解説編(「迷える相続①~③」)

法律ショートストーリー「迷える相続①~③」は,不動産を相続した3姉妹のお話でした。
今回は弁護士の水谷から,このストーリーの解説をしたいと思います。


共有のデメリット

不動産の相続は,ご相談が多い分野の一つです。
相続財産の中に不動産が1つだけある場合,兄弟・姉妹はみんな仲良しだし,と,兄弟同士の共有名義にして相続する方は多くいらっしゃいます。

ところが,不動産の共有は,必ずしもおすすめできません。
今回のケースで,仮に,3姉妹が共有持分3分の1ずつ相続したとします。
3姉妹のだれかが亡くなってしまうと,3分の1の持分が,その夫,その子どもたち,とさらに細分化されます。
相続を繰り返すうち,共有者の数がねずみ講式に多くなってしまうのです。

不動産を共有していると,その不動産全体を売ったり,建物を壊したりするには,共有者全員が同意しないとできません。姉妹3人の意見が合ううちはいいのですが,姉妹の夫,姉妹の子など,これまで関係がなかった人たちが加わっていくと,だんだん意見がまとまらなくなってしまいます。

3つの分割方法

このようなデメリットがあるので,法律上も,不動産の相続については,共有にする以外に
「現物分割」「換価分割」「代償分割」の3種類が用意されています。

「現物分割」
は,不動産がA,B,Cとあるとき,これをA子,B子,C子に分けること。共有にすることではありません。でも,そんなに複数の不動産があるとは限りませんよね。

「代償分割」は,不動産をだれか一人の名義に集め,取り分のアンバランスをお金で解消します。A子が全部取得する場合は,A子がB子,C子に足りないお金を払うのです。

「換価分割」は,不動産を「換価」して,つまり売ってわけることです。

家庭裁判所では,①現物分割→②代償分割→③換価分割→④共有分割の順序で検討すべきとされています。
共有による相続は,実は推奨されていないのです。

換価分割について

今回の「迷える相続」では,「換価分割」を取り扱いました。

思い出の不動産を売ってしまうなんて・・・と思いがちですが,「代償分割」,つまりA子が全部を取得するなら,A子はB子,C子に不動産と同じだけお金を払ってあげないといけません。
都市型の相続の場合,不動産の価格がとても高いことが多いので,それに見合う預貯金が残されているとは限りません。
また,ある程度の規模の不動産になると,相続税の負担が発生することになります。その相続税が支払えない場合もあります。
大きな不動産の維持管理もなかなか大変だったりもします。

そういった場合,売ってわけることは,一番身近な解決策となりうるのです。
今回のように,不動産をきちんと受け継いでくれるような買主が現れたら素敵ですね。